1. >
  2. >
  3. 挙式までの流れ

挙式までの流れ

結婚式半年前までには

結婚式の準備は半年~1年くらいが目安とされていますが、早く準備するにこしたことはありませんし、念には念を入れるためにゆっくりと余裕を持って準備する事も良いかと思われます。
お二人で話し合う時間も必要ですし、必要とあればご両親とも色々話し合って決めなければいけない事もあると思いますのでなるべく早めの準備をしていきましょう。

ではまず「半年前にはやっておきたい準備」をここでリストアップしていきたいと思います。
あくまで目安ですので、多少前後する部分は出てくるかと思いますし、必ずしもこの順番で行わなければいけないということではありません。

「両家の親へ挨拶」…きちんとけじめをつけるためにもお互いのご両親への挨拶はかかせません。
どちらの家へ先に行くかで悩むかもしれませんが、基本は「お嫁に貰う」という事なので、お嫁さんのご実家へご挨拶に行くのが一般的のようです。
結納や両家の顔合わせなどはその後お互い話し合って決め、やはり3ヶ月~半年と早めに行ったほうが宜しいかと思われます。

「式場を決める」…色々な形式がある中で、二人が挙げたいスタイルを話し合ったり、式場を決めたり。
披露宴を行う場合は試食会などもあるので積極的に参加をしましょう。
「婚約指輪・結婚指輪を買う」…男性が既に買っている場合や婚約指輪は要らないという方は準備の必要はありませんが、お二人で選びにいくならこの時期がピッタリかと思います。
また結婚指輪をオーダーメイドする場合は、このくらいの時期に注文しなければ間に合いません。
一度指輪を見に行き、オーダーメイドにするのかしないのか、いくらぐらいの予算で、どのようなデザインの指輪にするのか決めておくことをおすすめします。
参考:ポンテヴェキオ ブライダル|結婚指輪|銀座並木通り本店|Ponte Vecchio

結婚式5ヶ月前~3ヶ月前までには

「ドレスや衣装を決める」…普段ドレスを着る機会は殆どありませんが、この時ばかりはご自分に似合うドレスを探して一番綺麗に見えるものを選びましょう。
合わせてブーケやブライダルエステなども探しておくと忘れないで済みそうです。

「結婚式のおもてなしアイテムや演出を決める」…引き出物やさまざまなアイディアを練りこんだ演出などはこの時期に固めておくと安心ですし、口コミや色々な意見を参考に進めていきましょう。
「二次会会場を決める」…場所や会費、幹事の依頼や会場の下見など、付随する全ての事をまずはリストアップしてみて伝い漏れや見落としなどが無いかの確認を。

結婚式4ヶ月~2ヶ月前までには

「結婚指輪の発注など」…オーダーメイドにしない場合は、このくらいの時期に発注で問題ありません。
「ブライダルエステなどの開始」…当日、最高に綺麗でいるため事前の準備をしておきましょう。
期間はブライダルエステを行う場所によってさまざまですので、予定に合った期間を選び、最低でも2ヶ月前にはスタートをさせておくと当日のコンディションがぐんと違います。
合わせてヘアメイクなどの打ち合わせなどもしておくと宜しいかと思います。