1. >
  2. >
  3. イタリアの結婚式

イタリアの結婚式

結婚・離婚ともに複雑な手続きが必要

イタリアは日本人からの人気の高い観光旅行先です。
日本人から見たイタリアというのは、恋愛に積極的で家族を大切にし、街中に数多くの歴史的教会施設があるというイメージがあります。

また時間や決まりごとに対してルーズな感覚を持っているという印象も、多くの人が持っているところでしょう。

しかし実際のイタリア国内での結婚制度は非常に複雑であり、厳格さが求められています。
これはイタリア国民の大多数がカトリック教徒であり、結婚や離婚は単なる法的手続きだけでなく、宗教的に重要な意味を持っていることが関係しているのです。

そうした面倒な宗教的手続きを嫌い、民事婚として人前式を選ぶ若い人も増えています。
イタリア国内での挙式方法は大きく「マトリモーニョレリジョーゾ」という教会婚と、「マトリモーニョチヴィーレ」という役所で行う民事婚の二種類に分類できます。

最初の教会婚は新郎新婦の両方もしくは片方がカトリック教徒である場合にのみとることができる方法で、市内にある協会施設を使って司祭からの祝福を受けて行うものです。

なおリゾートウェディングでイタリアの古い教会で挙式をしたいという外国人カップルは、事前にカトリック教徒となるための手続きをする必要があります。

もう一つの民事婚は最寄の役所を介添人を連れて訪れ、その中で結婚に必要な手続きをしてもらいます。
新郎新婦の両方もしくはカトリック教徒であっても民事婚を選ぶことには問題がなく、むしろ面倒な教会との関わりを避けるためにあえて民事婚を選ぶということもよくあるようです。

衣装は意外に質素なものの披露宴はかなり派手

役所の中で行う民事婚というと、殺伐とした役所の中で次々に出される書類にサインをするだけのことのように思えますが、実際はそうではありません。

というのもイタリア国内の役所の多くは古くからの邸宅や教会などをそのまま利用しており、内部のインテリアや調度品は日本とは比べ物にならないほどに芸術的センスにあふれています。

結婚手続きを受け付ける部屋には絵画やステンドグラスなどが設置されており、簡素ながらもきちんとした雰囲気の中で結婚をすることができます。

教会婚の場合にはかなり長々とした手続きを受けなければいけないのですが、民事婚は法律の確認やサインなどをすればよく、サクサクと終わってくれるのです。

イタリアの挙式の本番はそのあとにある披露宴で、自宅もしくはゲストハウスを借り切ってそこで盛大なパーティーを行います。

料理やお酒を豪華に振る舞う一方で服装はそれほど絢爛なものではなく、参加者はカジュアルに近いフォーマルなスーツスタイルで参加をする人がほとんどです。