1. >
  2. >
  3. 人前結婚式

人前結婚式

人前式とは

神前式は神様に結婚の誓いを立て、仏前式では仏様に結婚の誓いを立てるものですが、人前結婚式ではそこに参列している両親、親戚、友人の前で結婚の誓いを立てる形式の事を「人前結婚式(ひとまえしき・じんぜんしき)」と呼びます。

参列している方々との一体感を感じたり、よりその場の方々との絆を深めたいと思う方、オリジナルの結婚式を行う事によって思い出深いものにしたいとお考えの方におすすめの式です。
また、人前式では宗教などは全く関係なく行えるので、その辺りを気にする必要がなくなります。
日頃の感謝を込めておもてなしに徹したいという心遣いから、人前式を企画される方もいらっしゃるほどです。

とはいえ、人前式の進行や司会などを決めておかないとグダグダになってしまいますし、こういった今風の結婚式には馴染みが無い方もいらっしゃると思いますので、その辺りのケアや報告はしっかりとしておきましょう。
人前式ですと式場に縛られないのでさまざまなところで式を行う事が出来ます。

自分に縁のある場所であったり、レストランや船上、水族館で行う方もいらっしゃいます。
他の式場に比べて候補はいくらでもあるといっても過言ではありません。
BGMもお二人の好きな曲をかけられるので、親しみやすい結婚式になることでしょう。

人前式の流れ

では、人前式の流れは一体どのようになっているのか、基本的な流れをご説明させて頂きます。
まずはゲスト全員が結婚の証人ですので、結婚証明書にサインをしてから会場へ入ります。
その後ゲストに見守られながら新郎新婦が入場し、司会者が開式を宣言します。

司会者はゲストに結婚の証人になってもらうよう説明してもらった後、二人で考えたオリジナルの誓いの言葉をゲストに聞いてもらいましょう。
結婚の証として指輪を交換し、新郎、新婦の順番で薬指にはめます。
結婚証明書、または婚姻届に新郎、新婦、ゲストの代表が署名と捺印をします。

司会者が結婚証明書、または婚姻届をゲストに披露し、二人の結婚を宣言します。
そして司会者が閉式を宣言し、ゲストに結婚立ち会いの礼を述べます。
挙式が終わったらそれぞれフラワーシャワーやライスシャワーでゲストが二人を祝福します。

あくまで流れですので、オリジナルを追及する方はこの間に何かサプライズを挟んでもいいかもしれません。
祭壇などを用意する場合は費用が5万円ほど掛かる場合がありますが、オリジナルの祭壇を作っても良いですし、それが無ければ殆ど費用は掛かりません。