1. >
  2. >
  3. 結婚式の種類

結婚式の種類

人気の挙式

結婚式を挙げるにも色々な種類があります。
自分達の希望はともかく、地方によっては結婚式の挙げ方が違い、それぞれのご両親が望む結婚式はまた違うかもしれません。

その中でも一番人気のある挙式スタイルはやはり「キリスト教式」の結婚式です。
キリスト教といえば、白のウエディングドレスとタキシードで二人が神の前で永遠の愛を誓い合うというもの。
最近では結婚式=ウエディングドレスというスタイルが定着しつつあります。

また出席人数が多かったり、親族以外も参列する場合があります。
その際人数が多くても対応出来るチャペルがあることがキリスト教式のメリットの一つでもあります。
では次に今どきの挙式スタイルはどのようなものなのか少し見て行きましょう。

今どきの挙式スタイル

何種類かの挙式スタイルが分かれる中で、昔と今とでは違う事が徐々に増えてきています。
例えば昔は必ず「仲人」が居たものですが、今では100%近くの人が「仲人を立てない」というスタイルになってきました。

とはいえ、今の方は仲人自体をご存じないことが殆どなのではないでしょうか。
仲人とは一体どんな役割の人の事を言うのでしょう。
以前は仲人と言えばなくてはならない存在で、両家の間を取り持つという役割がある人たちでした。
お見合いの場合は縁談話のことや結納や挙式、結婚式が終わってもなお色々な相談に乗ってくれるという大切なポジションにいる人だったのです。

今では恋愛結婚が多くなってきたため、仲人を間に立てて結婚式を行う、などの風習は無くなってきました。
しきたりが残るところですと、仲人の存在が重要視されているので親戚付き合いが難しくなってしまう場合があります。
このため、お互いの両親と相談し、地方出身の方であればその可能性が少なくはありませんのでしっかりと話し合いましょう。

仲人を頼む場合

もし、仲人をどなたかに頼む場合は選ぶポイントも押さえておきましょう。
出来れば二人が知る人物かどちらか一方が良く知る人物、またご両親や、親交の深い方で結婚後も何かと相談に乗ってくれそうな世話好きの方が良いと思います。
ただ、世話好きというだけでは片付かないという事も良く聞くので、頼む方本人の意思を尊重しましょう。

お願いする時期としては挙式が行われる3ヶ月~半年前くらいにお願いすると良いと思います。
お願いに行くときのマナーとしては、手紙か電話で相談し、承諾して貰えたなら正式なお願いに出向きます。
ご両親も同行すればより丁寧な挨拶かと思われますが、大勢で押しかけても相手にとって迷惑でありそうであればそのあたりもきちんと確認を取ってからご挨拶に伺いましょう。