1. >
  2. >
  3. 結婚式場の選び方

結婚式場の選び方

二人でまず話し合う

どの準備をするにも一番大切なことですが、式場を選ぶ時にも必ず二人で話し合うことが大事なのです。
どちらか一方の意見だけで決めてしまったり、適当に決めてしまうと後で訂正したくても出来ない場合があります。
では何を話し合うのが大事か、一緒に考えてみましょう。

結婚式を挙げるにも特にこだわりが無い場合や、どうしても二人の都合が付かずに話し合う時間を多く取れない場合の事を想定してみます。
まずは「先に結論を出さなければいけないもの」を考え、それに沿って、結婚式場を探していきましょう。
さらにそれを決める「決め手」になるものは何か、大まかにリストアップをしていきたいと思います。

まずは人数から

予算を決める前に、結婚式に呼ぶゲストの人数を思い浮かべましょう。
大人数にするか、少人数にするか、それだけでも随分結婚式にかかる費用が変わってきます。
まず大人数を呼んで挙式をしたい場合、父母、兄弟、親戚、会社の上司、会社の同僚、友人、さまざまな関係者が来ます。
大体それが何人くらいかをメモしておきましょう。

次に、ゲストの住まいがどちらなのか、平均するとどの辺りで行うのがベストなのか、地域を決めます。
こうすると、おのずとどの辺りで行えば良いのか、その周辺の結婚式場に絞られてくると思います。
では次に遠方から来る方が何人くらい居るのか、そうなると式場にあるホテルに宿泊するのか式場近くのホテルに宿泊するのか。

予算を考える

予算に関しては本当にさまざまで、参列者の宿泊費や交通費を全額負担するか、一部負担するかでも費用は違います。
「このくらいでやるのが常識」などと言った決まりもありませんし、やはり人数によっても変わります。
出来るだけリーズナブルに、今後の事も考えて節約という方向で行くのであれば、断然大人数より少人数が適しているのは一目瞭然かと思います。

そういう場合は、少々心苦しいところはあると思いますが、ゲストを本当に呼ばなければならない人達だけに絞りましょう。
遠方からのゲストが多く居る場合、「宿泊代や交通費などを節約できる」ことや「披露宴をする必要がなくなる(披露宴の代わりにレストランを一部貸しきってお食事会などをする)」、「ゲストの予定調整がスムーズ」「引きで物など、一人一人に掛ける時間が多くなる」といったメリットがあります。
反対に「ご祝儀が期待できない」というデメリットもありますが、そこは仕方ありません。

挙式スタイルを考える

「どうしてもこのスタイルで挙式がしたい」という方であればこちらはすぐ決まるのではないかと思いますが、全く考えていない方や、特にどんな挙式でも抵抗が無い方へ、それぞれ「決め手」になりそうな理由を添えた挙式プランの紹介をしてきたいと思います。
それぞれの挙式スタイルは別ページで詳しく説明しておりますが、今最も多い「教会結婚式」は、やはり人気があります。
そして、人気があるという事は色々な式場でさまざまなプランを立ち上げているという事でもあります。
場合によってはリーズナブルな価格で提供していますし、色々な融通が利く挙式スタイルでもあるのではないでしょうか。

そして日本らしいスタイルの「神前結婚式」ですと、意外と値段的にはぐっと抑えられます。
オプションなどを付けるとまた費用がかさみますが、シンプルな挙式であれば10万円以内で出来るところもあるそうです。
「人前式」ではお二人の好きな場所で式を挙げる事ができます。
式を行うスペースを借りたり祭壇を設置するといった費用は掛かりますが、それ以外は必要なものがあれば揃えるといった程度。
カスタマイズしやすく、オリジナリティ溢れる結婚式が出来るのではないでしょうか。