1. >
  2. 結婚式の準備

結婚式の準備

準備をするにあたり

結婚式を挙げるといっても、まず何をどうしたら良いのか分からない方が殆どで、どのような準備をすれば良いのか悩んでいる方も多いと思います。
もちろん、皆さん初めての結婚式ですから戸惑うことも多いでしょうし、お互いの仕事の関係上、思い通りに準備が進まないこともあるかもしれません。

言ってしまえばそれが普通なので、まずは深呼吸をして頭を落ち着かせましょう。
結婚は一人で行うものではありません。
とはいえ、結婚する当事者二人だけで行うものでもありません。
二人がこの世に生を受け、知らない者同士だった二人が家庭を持つという事は、二人の両親、はたまた両家の親戚にも深く関わってくることでもあるということを頭の端に置いておいて下さい。

両親への報告をするにしても困難な場合もあります。
しかし、その場合は逆に変なしがらみが全く無いとポジティブに捉え、新たな一歩を踏み出すための活力にしていきましょう。
あくまでメインはお二人ですが、沢山の人の思い出に残る、素敵な式にしていく気構えが大切になります。

準備期間

まずは式を挙げる大まかな日取りをあらかじめ二人で一つの目安として相談しておいたほうが全て逆算して計画を建てることができるためおすすめです。
それから大体どれくらいの期間があれば準備が出来るのか計算できたのであれば、目標に向かって「この日までには何をする」という明確な目的がおのずと見えてくるはずです。

大体の流れとしては、結婚式の形式決めから始まり、それに合った式場、費用の算出、神前式の場合はご自分に似合うウエディングドレスやタキシードを選びます。
結婚式の種類では神前式にするか、教会式にするか、種類も豊富ですし、式によっては費用も抑えられるところもあります。
どうしてもここで挙げたいなどの強い気持ちが無い場合、ゲストの事も考慮した立地にある式場だと遠方からのゲストが道に迷わずスムーズに来ることが出来ますので、場所選びも大切です。

ウエディングドレスもさまざまあり、スタンダードなものから個性的なものまでありますのでそういった時間も楽しいのではないでしょうか。
結婚式前に妊娠されている方であれば、マタニティ用のウエディングドレスやプランなどを調べることをおすすめ致します。
以上の事を総合して結婚式費用を計算すると、呼ぶゲストによっても変わってきます。
少なくてもこだわった式にしたい、ゲストは多ければ多いほど良い、考えはさまざまですのでお二人でしっかり話し合いましょう。

全てにおいて初めてで、どうしたら良いのか分からない場合は何事も実際に行った人の話を聞くことが大事でもあります。
友達に話しを聞くもよし、文明の利器を活用するも良し。

ここで力を発揮するのは意外や意外、口コミの力です。
実際に自分がやってみてどんなところが大変だったのか、どんなところをもっと工夫すれば良かったのか、結婚式に向けての新婦の準備(エステや自分を綺麗に磨くこと)など、成功談や失敗談を知っておくことでこれから行う結婚式をより良いものにする事が出来るはずです。

あとは面倒くさがらずに何事も調べる、という事は非常に大事です。
少しでも分からないこと、疑問に思う事、更に参列する側の気持ちになって細かいところに目を向けることで理想の結婚式にまた一歩近づき、ゲストも心から「参列して良かった」と思えるような、全ての人をハッピーにする結婚式が出来るのではないでしょうか。