1. >
  2. >
  3. 子供への理想が合わない場合

子供への理想が合わない場合

子供が欲しいかどうかを確認しあう


結婚すると子供が数人生まれ、新しい家族ができるのがごく当たり前のこと。
子供を産み育てる為に結婚はある……。
そんな価値観があったのは、今から少し前まで。
今の時代は、結婚にも様々なスタイルや価値観があり、結婚する二人が幸せになれるなら、それが正解であるといった考えも増えてきています。

聞くところによると、結婚しても別々に暮らすような夫婦や、結婚しても女性が頻繁に実家に帰ったり、実家で暮らすことが多いなんて夫婦もあるとのこと。
出産後、女性は子供を連れて実家に帰り子育て。
その間、男性は一人暮らしを続ける……。
なんて夫婦もいるのだそうです。

このように、現在は夫婦の形も様々。
どれも間違ってはいないのです。
しかしながら、自分の人生において子供を産み育て親になるのか、それとも夫婦二人だけの人生を送って行くのかといった選択は、非常に迷い悩むポイント。

結婚したら、必ず子供をもうけなければならないとうルールはありませんのでそこは自由ではあるのですが、結婚相手との価値観が全く異なれば、なかなか難しい問題になってしまうことでしょう。
子供が欲しい女性と、子供はいらないと考えている男性。
子供は産まずに仕事をバリバリやりたいと思う女性と、男の子が生まれたら一緒にキャッチボールをしたいとワクワクしている男性。
あなたはどんな風に考えていますか?

どうして子供を欲しいとは思わないのか

結婚する人が少なくなっている今、子供の数も減ってきていることはご存知だと思います。
所謂「少子化」です。
その背景には様々な問題があるのですが、一番の理由は子供を産み育てにくくなっていると感じる方が多くなっているからだと思います。

子供が生まれれば、大学卒業するまでに大きなお金が必要になります。
また、子供を預けられる保育園が見つからないといった問題もよく耳にします。
それに、子供を巻き込む事件や事故の話しも多く、こういったことを聞いて子供を産むのが怖いと考える方が少なくないのです。

中には、何かトラウマがあって自分が親になる自信がなくて、子供をもうけない方もいます。
つまり、誰にとっても子供を産む産まない選択は簡単ではなくなっているということです。
ですから、もし彼が子供をもうけることに否定的なのであれば、まずはじっくりとその理由について聞いてみることをお勧めします。
その上でもう一度子供をどうするか考えてみましょう。

最終的に決断するのはあなた

彼と子供のことで意見が合わなかった場合、どうするのかそれはあなたの判断です。
自分の意見を曲げてまで彼と結婚したいのであれば覚悟を決めてすれば良い。
でも、戸惑いがあるのであれば結婚は急がない方が良いでしょう。