1. >
  2. >
  3. お色直しのドレスはこの色で

お色直しのドレスはこの色で

お色直しについて考える


結婚式の一番の憧れ。
それは、女性であればウェディングドレスを着ることだと思います。
最近は、本当に多様なデザインのウェディングドレスが登場しています。
選ぶのに大変なほどの種類です。

ウェディングドレスを選ぶコツは、体型に合わせること。
ぽっちゃりした方に似合うデザインと、細い方に似合うデザインは異なります。
また、胸が大きい方にお勧めしたいデザインと、華奢な方にお勧めのデザインもそれぞれ違います。

自分で選びきれない時は、是非お店のスタッフの方にお勧めを聞いてみましょう。
プロの目で見て選んだあなたに似合うドレスを、きっと見つけてくれるはずです。

また、お色直しも是非こだわりたいもの。
こちらはウェディングドレスと異なり、色々なカラーから好きなものを選ぶことができます。
デザインも豊富で、中には大変個性的なドレスもあります。
あなたが好きなカラーを選んだり、あなたに一番似合うカラーを選んでみたり。

また、ここは新郎が好きな色のドレスを選んでみるのもお勧めです。
お色直しは必ずしも一回だけしかできないとは限りません。
もし色々なドレスを着たいなら、2回、3回と着てみても良いのでしょう。
但し、時間の都合などもありますので、そのあたりのことも考えながら決めてください。

また、反対に必ずもお色直しをする必要もありません。
ウェディングドレスだけで通す花嫁さんもたくさんいます。

お勧めしたいカラーについて

10代、20代の花嫁さんなど年齢が若い方は、淡いカラーやパステルカラーのドレスを選んでみるのも良いでしょう。
特に、暖かい季節に結婚式を考えている方は、こういった明るくて優しい色のドレスが良く似合います。
30代以上の女性も、もちろんパステルカラーなども良いのですが、もう少し落ち着いたカラーの方が上品に見えて良いかもしれません。
嫌いでなければ、是非ダークカラーも検討してみましょう。

また、自分の印象をどのようにしたいかによってお勧めしたいカラーもあります。
大人っぽい女性に見せたい方は、紫色や深い青色等のドレスも良いでしょう。
可愛らしく若々しく見せたいなら、やっぱりピンク!

明るくて元気な女性に見せたい場合は、オレンジ色なども良いでしょう。
清潔感のある女性に見せたいなら、青系のドレスもお勧めです。

和装がいい

ウェディングドレスを着た方は、お色直しに着物を着たいと考える方も多いようです。
ドレスから和装へ変身するほど、思いっきりイメチェンができる方法はありません。
せっかくですから、可能であれば是非両方着てみましょう。
和装の場合も、ヘアメイクによって雰囲気が変わります。

是非、色々試してみてください。